英会話カフェ It's a Small World !

西宮の英会話カフェ It's a Small World ! のページです。英語カフェ
最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

<< 英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語以外ページ (その11) | main | 英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語以外ページ (その13) >>

英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語以外ページ (その12)

突然ですが私は大食いです。歳や体調を考えて最近は意識的に食べる量を抑えていますが、セーブしなければ肉なら数キロ単位、ご飯物ならおひつごとお代わりしたり、そんな感じです。お酒も飲みますがスイーツも好きでケーキならホールで数個食べます。ただし、大食いあるあるで、わかる人には、そうそうそうってなる事だと思うのですが、3人前ぐらい食べた後は、100人前食べても満足感は同じなので、お金もかかりますし無制限に食べるのは無駄に感じます。
で、この大食いに助けられた事が何度もあります。それはアメリカにいた頃の事ですが、一般的に日本人はアメリカで食事の時、量の多さに驚くそうです。で、それを逆に、現地の人が驚くほど食べるとどうなるかと言うと、私の場合は友達が増えました。後にも書きますが、私は(アレルギーは若干ありますが)好き嫌いもほとんど無く、虫でも爬虫類でも何でも食べます。もちろん日頃からそれらを食べている訳ではありませんが、つまり、それぞれの文化に根ざした料理を、付き合い程度に口をつけるだけでなく、同じテーブルについて、同じ料理を美味い美味いと言って本人達以上に食べる人(私)を、無条件に受け入れてくれたのだと思います。「同じ釜の飯を食った仲間」と言ったところでしょうか?
ちなみにアメリカ人だけでなく、メキシコ人やイタリア人や北欧の人達やアジアの人達も同じです。特に中国人の友達とは、本当に虫や爬虫類やヘビなどを食べました。中国人は信用できないと言う人もいますし、実際に信用できない中国人達もいますが、一度仲間と認識されると、日本の繋がりよりはるかに深い繋がりが生まれ、本当に家族のように接してくれたりトラブルから守ってくれたりしました。これも、同じ物を食べる仲間的なニュアンスを感じます。なぜなら、他の日本人の知り合いは、虫などを見た時点で「ギャー」とあからさまに逃げ出したり露骨に嫌な顔をしたりして、その人達は結局知り合いのレベルを超えませんでしたから。
皆に大食いになれとか虫や爬虫類を食べろとか言う訳ではもちろんありません。私はたまたま大食いでラッキーだったと思っています。日本では、一緒に食べる人にひかれたり、例えばレストランで近くのテーブルの人達から奇異な目で見られたり、注文の時に「本当に大丈夫ですか?」ってお店の人に何度も確認される事は日常茶飯事ですが、、、
書いた人 smallworld | - | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Link

Profile

QRコード