英会話カフェ It's a Small World !

西宮の英会話カフェ It's a Small World ! のページです。英語カフェ
最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー


英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語以外ページ (その14)

現在コロナウイルスの問題で各所が大騒ぎになっています。これってやっぱり心配ですよね。なぜなら健康に関する問題で、死に至る人もいるのですから。毎日テレビでも軒並み取り上げている事からも事の重大さが解ります。でね、思うのですが、ペット達や家畜などの扱いはどうなんだろうかと。これからどういう影響があるのかと。だってそんな事はほとんど取り上げられていないので。でもね、ペットだって家族の一員なので、やっぱり心配ですよね。それにこのコロナウイルスって動物から感染して、動物も扱う市場で拡がったんですよね。と言う事は、人間以上に動物達こそ気を付けなければならないと思うのです。
また、ペットだけでなく家畜として飼われている牛や豚などの動物が感染する危険度はどうなのでしょう? 私は全くの素人なので、技術的な事は全然解りませんが、良い悪いではなくて、もし感染のケースが見つければ殺処分とかの決定が下される可能性もあります。もしそれが家族であるペットならばそんな事は絶対に避けなければいけません。
それと、もっと怖いのは、鳥です。つまり渡り鳥が飛来する季節。人から人の感染は隔離するとか、空港や港などのいわゆる水際作戦で食い止めているようですが、もし渡り鳥が感染源になったら水際作戦どころではありません。それらの可能性は低いのかも知れませんし、不必要に不安をあおる事になってもいけないので、こんなふうに書かない方がいいのかも知れませんが、なんかこう言う事(感染症や災害)の対応って、政府の対応だけではいつも後手後手になって不安なので、自分達でもできる対策などをテレビなどでも伝えて欲しいですね。朝から晩までどこでも同じような事を言っているのだから、そのうち少しでも、つまりペットなど動物達はどうやって防備してあげたらいいかとか、実際に感染した動物にはどんな症状が出ているとか、どこの病院に連れて行ったらいいとか、、、
書いた人 smallworld | - | - |




英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語以外ページ (その7)

最近は、外国人旅行者や日本在住の外国人で日本語が完璧ではない方達のための災害時の情報提供やアナウンスも以前と比べると親切になってきたように思います。専用のサイト(アプリ)が出来たりしてますし。個人的にはもっと進んで欲しいと思っています。以前にも書きましたが、「暴風雨警報」ではなくて、「アメ・カゼケイホウ」とか、「波浪注意報」ではなくて「ナミチュウイホウ」とか
今回ちょっと出張に行ったのですが、現地で豪雨に遭ってしまって、、、で、その時に思った事なのですが、私は日本語ネイティブなので地元のニュースや気象情報を見れば内容は理解できるのですが、いかんせん土地勘が無いため、○○地方は非難とか××エリアは通行止めとかが解りにくく、今からどうしたらいいとかどっちに逃げればいいとかが不明な事! その事から思うのは、地元の人の避難誘導はもちろん重要な事ですが、旅行者や外国人には、情報自体は出ているのに、せっかくのその情報が役に立たない事。たぶん子供とかも判断できないんじゃないかな? すぐにすべてを改善するのは無理だと思うので、とりあえずして欲しい事を3点書きます。
 |鰐召某兇蟆礁召發靴はローマ字表記を追加して欲しい
地元民でなければ読めない地名は無数にあります。読めなければニュースで放送されても気付きません。各地の行政の公式ページなどですら地名の読み方が載っていない割合が高いです。これは災害時以外でも、観光情報などを得るためにページをチェックしても同じ事です。不便です。観光客にウエルカムとかあいていますが、ウエルカム感が感じられませんね。
◆‥渡暖峭罎鮖坡斡蛭屬ら書いてくれ〜〜〜!
現代では、スマホから電話するのが当たり前なので、市外局番がなければ電話できません。これも避難先に指定されている公民館や学校などでも書いてない所があります。一刻を争う状況では、自分で調べる余裕がありません。もしかすると、誰でも安易に電話をしないようにあえてそうしているのでしょうか?
 今回の豪雨では、現地の老人などに避難を促すために、遠方に住んでいる家族や親類から連絡・声賭けしてくれとテレビなどで呼びかけていました。が、現地以外では、現地がどれほどの事になってるのかが伝わって来ません。たぶん現地ではテレビなどでももっと細かい情報が提供されていたのでしょうが、この点はネットは弱く、親戚や親や祖父母などに電話して早めに逃げるように勧めたところで、「この辺はまだ大丈夫」と言われれば、それがどの程度大丈夫なのか(逆にどの程度危機が迫っているのか)解りません。今でも河川カメラなどがありますが、河川以外も含めてもっと一般的にチェックできるカメラなどが増えてくれればいいと思います
そして我々にもできる事としては、もし自分の近くに日本に不慣れそうな外国人などがいれば(もしくは住んでいれば)、怖がらずに情報が足りているかなどの声賭けをしてあげて欲しいと思います。もし自分が外国で困った状況になった時、それがどれ程心細い事なのかと言う事の逆の状況なので
書いた人 smallworld | - | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Link

Profile

QRコード